リボ払いで15万円の金利を払った話

最終更新日

とほほ引き寄せ体質のゆみこと申します。

新しい預金口座を開設したらクレジット機能付きだった

引っ越しをしたついでに新しい街で銀行口座を作ることにしました。

新しく銀行でとても長い説明を受けて、最後は疲れていました。

クレジット機能も付けますかと言われたので、OKしました。

しかし、もともとクレジットカードは持っているので、ほとんど使わないつもりでした。

カードを利用しないつもりでしたので、毎月の返済額など気にしませんでした。

知らないと怖いリボ払い

残高不足でやばいリボ払いに

口座を開設して数ヶ月後、給与の支払いが滞った月がありました。

しかもその前月には旅行に行って散財した後でした。

口座残高は、一気にゼロになってしまいました。

残高不足になった途端、そのクレジットカードにリボ払いの引き落としを開始されてしまいました。

その金利はなんと15%、返済額は毎月1万円のみ。

1万円しか返済しないので、いつまでも借金は残ります。

リボルビング払いを知らないと恐ろしいことになる

翌月から口座には払える現金はあるのに、リボ払いが始まり、気がついたら15万円も金利を払わされていました。

恐ろしいことに、通帳では支払いの異変に全く気付きませんでした。

わかったのは数ヶ月ほど経ってからでした。

仕方なくまとめて支払いをしました。

そのクレジットカードはなかなか解約できず、未だに残っています。

また、残高不足になると15%の金利が発生するのかと思うと恐ろしいです。

ちなみにそのカードはVISAでした。

 

こちらの記事もおすすめです

フォーチュン占いサイトに登録したら悪徳詐欺占い師八幡光子に引っかかった

駐車場で拾った大量の一万札をネコババしかけた話

貧乏になる風水やってはいけないNGシリーズ

還付金詐欺被害者の75歳のおばあさん

キャッシュカード詐欺はこうして近づいて来る



アバター

ゆみこ

ゆみこという名の30歳代女性です。極度の引き寄せ体質のためこれまで数々のぼったくられ、とほほな出来事に巻き込まれてきました。こちらのブログには実際のわたしの体験談を書いています。 趣味は古本屋めぐり、好きな食べ物はサザエのつぼ焼きです。

シェアする