貧乏になる風水やってはいけないNGシリーズ

最終更新日

とほほ引き寄せ体質のゆみこと申します。

これまでいろいろな風水を試してきました。

その結果、体験的にこれをするとほぼ貧乏になるという極め付けの悪い風水があることがわかりました。

悪い風水1.散らかって汚れた部屋

ごちゃごちゃして散らかった部屋には、良い運は決して入ってこないようです。

物が置きっぱなしになっていたり、使い終わった物や汚れたもの、壊れた物などがところ狭しと置いてあり、壁やトイレ、洗面所、台所などが汚い部屋は、風水ではダメです。

風通しや日当たりの悪さは、健康問題や人間関係や仕事上のトラブルに巻き込まれやすく、結果的に不幸になります。

悪い風水2.玄関にジグソーパズルを飾る

「玄関にジグソーパズルを飾る」のもNGです。

玄関は風水では幸運が入ってくる大切な場所です。

そこにジグソーパズルを飾るとほぼ貧乏になります。

20代の頃、ジグソーパズルにハマりいくつも作りました。

綺麗な絵柄も多かったので、部屋のあちこちに飾っていました。

特に玄関はお気に入りの場所でよく飾っていました。その後、坂道を転げ落ちるように貧乏になりました。

この「玄関にジグソーパズルを飾る」は風水では間違いでした。

悪い風水3.西玄関と西のキッチン

次に「西玄関と西のキッチン」です。

西玄関の場合は入ってくる収入は結構ありますが、それを打ち消すくらい出費が大きく、かなり引き締めないと結果的には貯蓄はできません。

同じように「西のキッチン」も借金に追われます。

売りに出ている一戸建て住宅やマンションの間取りで西キッチンが多いのは、ローン返済が難しいから売るんだと勝手に思っています。

賃貸住まいの時もこの間取りは極力避けました。

西キッチン

悪い風水4.安っぽい財布

次に「安っぽい財布」も貧乏になる確率が高いように思います。

少なくとも5000円くらいはかけた方がいい気がします。

長財布がオススメという説もよく聞きますが、私は長い財布を使ってお金が増えたことはありませんでした。

光る素材の財布や派手な色の財布も見栄消費が増える傾向で貯まりませんでした。

財布の素材は人工のものより自然素材のものが良好な感じでした。

よく1~2年ごとに変えるという話を聞きますが、私はあまり替えません。

なぜなら、お金が喜んで入ってくる間は、お財布はほとんど汚れないし、絶対に破れないからです。

安っぽい財布

風水お勧めの財布

見た目は派手過ぎないデザイン、本革のような使ううちに馴染む素材、女性でも男性用の財布がお勧めです。

色について、女性は、濃い茶色、ベージュなど、男性には黒色、紺が相性がいいようです。

買ってはいけない財布の色は、赤、ピンク、黄色、オレンジ、グリーンなどです。

メーカーのロゴがワンポイントで入っているタイプがお勧めです。

メーカーは高級な超有名ブランドではなくて、そこそこ名が知られてる控え目でお値段もお手頃なブランドのほうが良いです。

メーカー品についているロゴにはパワーがあります。ただし、ケバケバしいロゴのブランド物は散財しがちで、見栄を張って買い物する傾向がありお勧めはしません。

私は、こちらのラコステのようなブランドのお財布が好きです。

こういうタイプのお財布は堅実なお金の使い方になり、底堅くお金を貯めてくれます。

あなたは、どのようなお財布を選ぶますか。

くれぐれも見栄消費や散財系のお財布を選ばないように、この記事がお役に立てますように。

 

アバター

ゆみこ

ゆみこという名の30歳代女性です。極度の引き寄せ体質のためこれまで数々のぼったくられ、とほほな出来事に巻き込まれてきました。こちらのブログには実際のわたしの体験談を書いています。 趣味は古本屋めぐり、好きな食べ物はサザエのつぼ焼きです。

シェアする